エネルギーゼロ住宅での費用シミュレーション

メインluce-外観パース_small1

 

最近の家を見るとエネルギーゼロ住宅という家が多く販売されているということに気がつく人もいることでしょう。エネルギーゼロ住宅とは、一般的な家庭で消費される電気量で換算した、冷暖房・換気・照明・給湯設備を対象とした一次エネルギー消費量に対して、断熱性能・設備性能の向上や太陽光発電などの再生可能エネルギーの活用により、一次エネルギー消費量がゼロとなる住宅のことです。大体のアイディアはつかめたとしても、実際にいくらくらいお得なのか?ということが大事ですよね。そこでここでは実際にシュミレーションをしてみることにします。

 

【一般的な家の光熱費】

一般的に家庭で使われている光熱費とはどのくらいでしょうか?電気代+ガス代+そのほかの光熱費で、1ヶ月あたり冬は23,000円から28,000円ほど、夏は13,000円ほどから18,000円ほどといわれています。つまり年で平均すると、1ヶ月あたり21,460円ほどといえます。

サブ gai_05_n0307_小1

 

【ゼロエネルギー住宅の光熱費はいくらくらい?】

太陽光と売電した電気の価格を差し引いて考えると、ゼロ・エネルギー住宅は1ヶ月に平均して光熱費としてはマイナス7,000円から8,000円程度となります。ゼロエネルギー住宅では売電価格が光熱費を上回る可能性が高いのです。つまり7,000円から8,000円の収入につながるのです。これは32坪程度の一般的な家庭の光熱費・収入となります。

 

【一般的な家とゼロ・エネルギー住宅の光熱費の差】

一般的な家で使用される光熱費は年間にして25万円ほどといえます。それに比べてゼロ・エネルギー住宅の場合はマイナス9万円前後(9万円前後の収入)となります。これを計算すると、25万円前後<一般的な光熱費>―(-9万円前後<ゼロエネルギー住宅の光熱費>)=+35万円前後となります。プラスとマイナスで35万円ほどのお金が変わってくることがわかります。これが1年間に生まれる金額の差です。

 

【35年間で見るとどうなるか?】

家の住宅ローンはたいていの場合は35年間ローンで組まれています。そのローンの期間でゼロ・エネルギー住宅と一般的な住宅の光熱費の差額について考えてみましょう。1年間に35万円ほどの差が生じます。つまり35年間にすると1,200万円ほどのお金が変わってくるということです。この金額から太陽光代などゼロ・エネルギー住宅にするために必要な装備代を差し引くと、光熱費として必要な経費が割り出せます。補助金の制度などもありますので、それらを利用していくとさらに経費は少なくなります。

サブ

光熱費を1ヶ月で見るとそこまでの差がないと思うかもしれません。ですが、35年間などの大きな目で見るとかなりの差を生むことがわかります。ゼロ・エネルギー住宅は初期投資を行わなければなりませんが、結果的にはお得なお買い物になることが多いのです。

 

 

▲ トップへ戻る