耐震住宅ってどんな家?

_MG_5953合成

 

耐震の家づくりのまず基準となるのは、建築基準法の新耐震基準と呼ばれるもので、1981年に新たに適用した耐震基準にさらに厳しい耐震性を定めたものです。これには「倒れない」だけでなく「人の安全が確保される」点が重視されています。さらに、いわゆる「巨大地震」と呼ばれるクラスの地震がおきても倒壊しない水準が規定されています。従って、耐震診断をする場合でも、建物が1981年以前のものか、それ以後のものかによって違ってきます。では、具体的に耐震の家とはどのような家をさすのでしょうか?

 

(1)「品確法」(住宅の品質確保の促進等に関する法律)で定められた住宅

これは、構造躯体の性能表示により、構造躯体の倒壊防止、構造躯体の損傷防止の観点から、等級1~3に分類されています。いうまでもなく、等級3ランクが一番安全性が高いとされていますが、現在建築される建物は、ほとんどがこの最高ランクを取得しています。ただ、ランクの捉え方がビルダーによって違う場合があるので、注意が必要です。

 

(2)主な仕様はどうなっているのだろう?

DSCN61451

耐震の家づくりのポイントとしては、建物を建てる地盤、さらに建物の基礎、構造体、壁・柱、といったところがポイントになります。

 

① 建物を建てる地盤
建物が傾いたりしてしまう「不同沈下」などを起こすと、家自体がどんなに地震に強くても意味がありません。建物トラブルの約7割が「地盤」関連にあると言われています。まず、地盤調査と、問題がある場合には地盤補強などの対策が必要となってきます。

 

② 基礎
建築基準法では、基礎の立ち上がり幅は120mm以上とされています。従ってまず基礎の幅をひろくとって、がっちりとしたものとすることが必要です。負荷のかかりやすい隅部には、ホールダウン金物やコーナーベースで強化し頑丈なものとすることが必要です。

 

③ 構造体、壁・柱
現在の工法としては、柱・梁・筋交いを組み合わせて住宅を支える木造軸組工法が一般的ですが、この工法においても、まずSE構法という高層ビルなどと同じ構造計算を行います。これにより、軸組工法の弱点とされる接合部を金物で補強することができます。次には構造材です。これには耐力壁やエンジニアリングウッド、また梁部分には、木・鉄を組みあわせたテクのビームなどといった材料も使われます。一方、木造軸組工法ではない、モノコック構造というのも注目されています。これは、新幹線やジェット機などにも用いられる一体型構造体で、強靭な6面体の箱型に仕上げることで地震などの外圧を建物全体で受け止めるものです。

 

 

▲ トップへ戻る